スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>
桃の節句
桃の節句の起原は、平安時代に遡ります。五つの節句があり、その中の一つ「上巳(じょうし)の節句」が後に「桃の節句」となりました。平安時代は、野山に出て薬草を摘み、その薬草で体のけがれを祓って健康と厄除けを願いました。この行事が、後に、「流し雛」へと発展してゆき、室町時代になるとこの節句は3月3日に定着し、やがて紙の雛ではなく豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするようになりました。やがて武家社会へ、さらに裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りの原型となっていきました。
ひな人形は、愛娘を病気や怪我、災いから守ってくれる「お守り」の意味があります。つまり、子供の災いの身代わりになってくれるものなので、本来は次女、三女が生まれた場合、その子のためにまた新しく用意してあげるのが正しいしきたり。姉妹や母子で共有すべきものではないのです。実家から贈ってもらった高価なひな人形だけに、子供に触らせるのは怖いと思うときは、子供が好きに遊んでいいように、ひな人形を一緒に手作りしてはどうでしょう?ペーパークラフトのお人形なら、破けてしまってもすぐに作り直せます。
雛人形は立春2月4日頃から2月中旬までに飾ります。飾る前日に桃酒やひし餅などの飾り物お供えします。そして前日の晩もしくは当日に、両家の両親や友人を招き、縁起の良いご馳走でもてなします。雛人形は遅くとも3月中旬までに片付けた方が良いと言われています。「仕舞い遅れるとお嫁に行き遅れる」と言い、これは・・片づけの出来ない娘はいいお嫁さんになれないよ・・という意味で、年長者からの惑めの気持ちがこめられています。


RSS関連リンク
はじめての桃の節句
昨年弊社にてご購入のお客様より. 凛ちゃん. お名前と同じように凛とした笑顔の凛ちゃんに ポチッ とお願いします にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ.

はじめての桃の節句
昨年弊社にてご購入のお客様より. 陽香ちゃん. ちょっとびっくりしてしまった陽香ちゃんに ポチッ とお願いします にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ.



トップに戻る
スポンサーサイト
Comment








Category

Profile

Link

Feed

Mobile

qrcode

Sponsored Links