スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>
確定申告
確定申告は源泉徴収されたサラリーマン以外の個人や法人が、前年の経済行為から生じた所得と納付すべき所得税額を確定させるための行為です。難しい書き方になりましたが、サラリーマンのように源泉徴収を会社でやってくれる作業を自分でやらなければならないということです。確定申告の提出時期は2月16日から3月15日までで、この時期はどの税務署も込むので、国税庁のHPから確定申告の用紙をプリントアウトして、それに書き込んで郵送でも受け付けてもらえます。ただし書き方には少々の慣れが必要です。
確定申告の中でも関心が高いのは税金が返ってくる還付でしょう。代表的なものが医療費控除です。これは前年に自分自身や家族(生計をともにする親族)のために医療費を年間10万円以上払った場合に確定申告をすると、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。この医療費ですが具体的には診療費・薬代・入院費・通院費用・医療用器具などをいいます。これらの領収書・レシートと申告書があれば申告できます。この中で通院費などは交通費のことですが、タクシー以外は領収書が残りませんので、そのときはメモでもかまいません。
医療費控除を受ける場合、その計算はどのようにするのでしょう?計算方法をご紹介します。まず前年の医療費の合計(A)を計算します。次に生保、損保などの保険に加入している場合で、給付金が支払われた場合はその金額の合計を(A)から引きます。さらに(A)から「10万円または所得金額の5%、どちらか少ない金額」を引きます。残りの金額が医療費控除の対象となる金額です。ただし医療費控除は200万円が限度額です。
確定申告は毎年あり、大変多数の方々が申告されています。ですから申告に時期には税務署の窓口は大混雑になります。そこで今では自宅で申告書をパソコン上で計算し、さらに計算済の申告書を印刷し、それを郵送して済ませる方法もあります。これなら窓口の混雑や待たされることもなく快適に申告作業ができます。ただ、自分で申告書を書き、計算するので申告書の書き方を参考にしてじっくり書くことをお勧めします。もし分からなくても、税務署に問い合わせれば教えてくれます。


RSS関連リンク
確定申告-ネット収入
確定申告の必要性がでてきます。 となると、やはりアフリエイト等でのネッ収入があれば、それも対象になります。 ただし、パソコンの通信費なども経費に含まれます。 (経費の領収書等は保存しておきましょう!) 所得?経費=20万以下 → であるなら確定 ...

イータックスでの確定申告。損失について
19年度は株取引で-18万の損失を出したので、確定申告を行う予定です。 1.17年は5万円増、18年は3万円増だったのですが、この場合は過去の2年分も入れて申告すべきでしょうか? 2.過去2年は繰越での申告を行っていない場合は、あらためて申告すべき ...



トップに戻る
スポンサーサイト
Comment








Category

Profile

Link

Feed

Mobile

qrcode

Sponsored Links