スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

節分とは
節分は、冬から春へと変わる季節の変わり目のことです。もともとは、春夏秋冬、四季それぞれの節目に行われていたようですが、時が経つにつれて、冬から春へと変わる立春の前の日である2月3日に、一年の区切りとして行われる行事になってきました。今でも、四季ごとに行っているところもあります。節分は、季節の変わり目に行う行事である、という他に、魔除けの行事でもあります。節分というと、連想されるのが、豆と鬼です。豆というのは、本来、作物の種であり実りの元でもあります。一方の鬼は、災厄の象徴であり、人々に災いをもたらすものです。こうして一つずつの意味を見てみると、節分に込められた願いが見えてくるような気がします。節分は、小さな頃から多くの人が慣れ親しんでいる習慣ですが、その起源や歴史を調べてみるといろいろと面白い発見があります。もともと、季節の変わり目は陰と陽の気が入り混じると言われており、節分はその陰の気がもたらす災厄を祓う行事として始まったという説もあります。節分は日本の伝統行事です。都会で暮らしていたり、日々家の中にいると季節の変化に対する感覚が鈍くなってしまいがちですが、こうした行事は、季節の変わり目を思い出させてくれます。冬の終わりと春の訪れは、一年の中でも、自然が大きな変化を遂げる時期です。節分を通してこうした季節の変化を感じてみてください。


RSS関連リンク
スリーエフ、のり巻きからロールケーキまで、節分向け「恵方巻」7製品
スリーエフは、節分シーズン向けの「恵方巻」製品7品の予約受付を2008年1月4日から開始する。

スリーエフ、のり巻きからロールケーキまで、節分向け「恵方巻」7製品
スリーエフは、節分シーズン向けの「恵方巻」製品7品の予約受付を2008年1月4日から開始する。同31日までの期間限定。のり巻きからロールケーキまで、ファミリー向けのさまざまな恵方巻をそろえた。引き渡しは2月1日〜2月3日。



トップに戻る

Category

Profile

Link

Feed

Mobile

qrcode

Sponsored Links